SUKOYAKA日記

メモ帳的存在。岡山在住。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1,11、反乱と国民意識 

ブラジルにでは、植民地の諸勢力が本国とは異なる利害を抱いたり、自らの諸問題の根源が本国にあると考えるようになり、独立が意識された。独立に対する意識は、フランス風の思想や、アメリカ革命の自由主義に誘発されたのはもちろんだが、ブラジル独自の地域性によるところが大きかった。



●ミナスの陰謀

ブラジルでの最も重要な抵抗運動。鉱山主、商人、高級官僚、上級軍人、などが参加したが密告により失敗。しかし共和国の設立や本国への債務の赦免や、ブラジル生まれの奴隷の解放などの目的は、民衆に支持を得た。またこの計画において、唯一処刑されたティラデンテスという歯医者も営んだ軍人は英雄化された。
ポルトガル王室はこのような反抗に対して大がかりな処罰を行ったが、それが民衆の反感をかい、反乱への共感を生んだ。

●19世紀初めナポレオン・フランス軍はポルトガルを占領し、ブラジルは本国を介した貿易ができなくなった。そのため王室はブラジルの開港を布告し、規制をなくし、工業を奨励し、イギリスとの公式の貿易を進めた。(それまでは密貿易だった。)

18世紀以降、イギリスは奴隷制度への攻撃を始めた。(これはイギリスがアフリカを市場として期待していたからと言われている。イギリスで工業化が進み、奴隷の重要性が減ったためとも。奴隷廃止が進めば工業化の進んだイギリスの独壇場。)
1,815年ウィーン会議で、赤道以北の奴隷貿易を禁止する条約を調印した。これによりブラジルは西アフリカのエルミナ地方からの貿易は停止された。またイギリスは奴隷船を拿捕する権利を得た。しかしこれらの措置では、奴隷貿易はなくならなかった。

ポルトガル王室移転のため、リオデジャネイロに戦争・外務省が設置された。そしてイギリスに後押しで、南アメリカのほかの地域に侵攻した。

また書籍を入手でき、思想が伝搬されるようになり、一種の文化的生活が始まった。新聞の発行や、劇場、図書館なども開設された。
●ブラジル人の不満
王室はポルトガル人の利益を守り、軍の要職をポルトガル貴族に割り当てた。そして北東部はリスボンからリオデジャネイロへ政治的支配権が移ったことに対しての不満があった。
そして1817年にペルナンブーコで反乱が勃発した。革命派はレシーフェを占拠し、共和国を宣誓し、臨時政府を樹立した。しかし、すぐにポルトガル軍に倒され、首謀者は逮捕、処刑された。

●自由主義革命
1820年にポルトガルで自由主義革命が勃発する。原因は
?国王不在?ブラジルを利した貿易自由化による経済危機?イギリス大将の摂取政治に対するポルトガル将校にの不満。
この革命はポルトガルにおいての憲法制定会議の創設、ブラジルの再植民地化を求めた。

当時ブラジル国内ではジョアン6世帰還を求める「ポルトガル派」と帰還反対の「ブラジル派」が対立していた。前者は軍事幹部、官僚、商人、が支持し、後者は王都近くの農園主、ブラジル生まれの官僚や司法官などが支持した。

1821年、国王は帰還し、息子ペドロを摂政皇太子としてブラジルに残した。そしてブラジル各地では、憲法制定議会議員選挙が行われた。そして各県はリオから独立しリスボンに服従することになった。

その後ペドロの本国帰還が決定したが、「ブラジル党」がペドロ残留のため勢力を結集した。「残留の日」(1823年1月9日)にペドロは残留を決定した。この結果ポルトガルとブラジルは関係を断絶し、ポルトガルの駐留軍隊は忠誠を拒否し、リオを退去した。新しい内閣はポルトガル人からなったが、その長にはブラジル人であるジョゼ・ボニファシオ・デ・アンドラーダ・エ・シルヴァが任命された。

1822年9月7日、リスボンから再び帰還命令を受けたが、イピランガ川の湖畔で知らせを受けたペドロはいわゆる「独立の叫び」(独立か死か!)を発し、それを拒否した。
12月1日ペドロは戴冠し皇帝となり、正式にブラジルは独立した。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カーペンター

Author:カーペンター
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(6)
  • あいさつ(2)
  • 本(34)
  • 【ブラジル】(3)
  • 【ノンフィクション】(14)
  • 【フィクション】(8)
  • 新書(8)
  • 映画【アメリカ】(2)
  • ブラジルの歴史(47)
  • 思ったこと(30)
  • 映画【ブラジル】(2)
  • 専門書(2)
  • 漫画(7)
  • ニュース(6)
  • 映画【日本】(2)
  • 経済(20)
  • 経済学入門(19)
  • 日経指標(9)
  • 政治(7)
  • EU関連(1)
  • 外国人参政権(6)
  • 人間(1)
  • 労働問題(3)
  • 戦争・軍事(7)
  • 法律・裁判(3)
  • ちゃんと調べてないもの(4)
  • これって日本だけ!?(2)
  • 犯罪(1)
  • 在日外国人(5)
  • 日本人論(0)
  • 中東(22)
  • ゲーム(2)
  • 語源(40)
  • 医療(8)
  • たとえツッコミ(1)
  • やりたいこと(現実で)(0)
  • やりたいこと(ブログで)(0)
  • 詩(0)
  • マンガ あ行(1)
  • マンガ か行(2)
  • マンガ さ行(0)
  • マンガ た行(1)
  • マンガ な行(0)
  • マンガ は行(2)
  • マンガ ま行(1)
  • マンガ や行(0)
  • マンガ ら行(0)
  • マンガ わ行(0)
  • マンガ なんでも(3)
  • 文章技術(5)
  • メモ(1)
  • 音楽(2)
  • 近頃の若い者は!反論(1)
  • 作曲(10)
  • 社会学(1)
  • ブラジル経済(2)
  • ブラジル 社会問題(4)
  • FONÉTICAS de ポルトガル語(1)
  • ブラジル 政治(2)
  • 就活(1)
  • revista:mundo estranho(1)
  • ポルトガル語 科学(1)
  • ポルトガル語 その他(2)
  • ブラジル ビジネス(2)
  • トーク(2)
  • 旅行(4)
  • 宗教(1)
  • 映画(2)

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。