SUKOYAKA日記

メモ帳的存在。岡山在住。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2,2 第二帝政

国王の成人が回帰派によって早められ、ペドロ二世は14歳でブラジル王位に就いた。その後回帰の方針は続き、中央集権と皇帝権威の強化が図られた。
警察は犯罪捜査だけでなく、裁判、と刑の決定を行う権限を得た。また議院内閣制に似た制度がとられたが、閣僚は皇帝が自由に任命した。また形式上内閣は皇帝と議会の信頼を必要としたが、皇帝に都合のよい内閣を下院が支持しない場合は、皇帝の調整権により解散させられた。
●保守党と自由党
保守党に所属したバイーアとペルナンブーコの大農園主は、民衆の主導する自治権をめぐる戦いを嫌い、中央集権化を求めた。また自由党は専門職従事者や1870年ごろサンパウロを中心に起こったコーヒーブルジョアなどの中産階層グループが支持した。彼らは政治参加の拡大や県自治権を主張した。
この対立の根本原因はイギリスの奴隷貿易への圧力があった。保守党は独立分離がすすみ、中央の力がなくなり、イギリスの力に抵抗できなくなることを恐れた。
イギリスもラテンアメリカの最大の市場であるブラジルには安定した政府を求めていた。
●地方の権力
コインブラ大学法学部、オリンダとサンパウロの法科大学で保守的な教育を施されたエリート層はブラジル各地を転々とし、行政ポストに就いた。これにより特定地域との利害に結びつかず、中央権力の代弁者となった。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カーペンター

Author:カーペンター
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(6)
  • あいさつ(2)
  • 本(34)
  • 【ブラジル】(3)
  • 【ノンフィクション】(14)
  • 【フィクション】(8)
  • 新書(8)
  • 映画【アメリカ】(2)
  • ブラジルの歴史(47)
  • 思ったこと(30)
  • 映画【ブラジル】(2)
  • 専門書(2)
  • 漫画(7)
  • ニュース(6)
  • 映画【日本】(2)
  • 経済(20)
  • 経済学入門(19)
  • 日経指標(9)
  • 政治(7)
  • EU関連(1)
  • 外国人参政権(6)
  • 人間(1)
  • 労働問題(3)
  • 戦争・軍事(7)
  • 法律・裁判(3)
  • ちゃんと調べてないもの(4)
  • これって日本だけ!?(2)
  • 犯罪(1)
  • 在日外国人(5)
  • 日本人論(0)
  • 中東(22)
  • ゲーム(2)
  • 語源(40)
  • 医療(8)
  • たとえツッコミ(1)
  • やりたいこと(現実で)(0)
  • やりたいこと(ブログで)(0)
  • 詩(0)
  • マンガ あ行(1)
  • マンガ か行(2)
  • マンガ さ行(0)
  • マンガ た行(1)
  • マンガ な行(0)
  • マンガ は行(2)
  • マンガ ま行(1)
  • マンガ や行(0)
  • マンガ ら行(0)
  • マンガ わ行(0)
  • マンガ なんでも(3)
  • 文章技術(5)
  • メモ(1)
  • 音楽(2)
  • 近頃の若い者は!反論(1)
  • 作曲(10)
  • 社会学(1)
  • ブラジル経済(2)
  • ブラジル 社会問題(4)
  • FONÉTICAS de ポルトガル語(1)
  • ブラジル 政治(2)
  • 就活(1)
  • revista:mundo estranho(1)
  • ポルトガル語 科学(1)
  • ポルトガル語 その他(2)
  • ブラジル ビジネス(2)
  • トーク(2)
  • 旅行(4)
  • 宗教(1)
  • 映画(2)

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。