SUKOYAKA日記

メモ帳的存在。岡山在住。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカボンドと右ストレート

流行に少し遅れて乗るのが俺流とか言いながら読んでいる。

点数をつけるとしたら90点。1,2巻はたいして面白くなかったけれど、だんだん面白くなってきた。
ちなみにスラムダンクは95点。この5点差の理由を書いていこうと思う。

今25巻位で終盤に差し掛かり、ようやく武蔵は「理」を見つけた。

その「理」の定義はこうだ。

無駄な力を抜いて刀の動きたいように、体の動きたいようにすること。

私は一年半くらい総合格闘技をしていて、最近この「理」がわかってきた。

「理」を掴む前は右ストレートさえ満足に打てず、フラストレーションがたまっていた。しかし「理」を実感した今は、一気に道筋が開いたような気がしている。

右のストレートを打つ時、私の感覚では

肩の力を抜いて、足はちょうどいい(このちょうどよさが理か?)広さにする。そして意識するところは右の足の裏、体の中心線、拳。足の裏で地面を押し込んで、体の中心線はブラさずに、軸を起点に上半身を回す。そしてちょうどいい感じに腕をのばしてインパクト時に足の裏を意識して拳に力を入れる。

とまあこんな感じで。バカボンドを読んでいても体の使い方に関して「そうそう」とうなずくことが多々ある。だからいきなり武蔵が強くなったような描写だが、私としては納得できる範囲なのだ。

ただ思うのは、格闘技やってない人にバカボンドの良さがわかるの?ということだ。

百歩下がって少なくともスポーツを真剣に、体の軸を意識しながらしてきた人でないとバカボンドのよさは理解はできない。
だから「バカボンド後半になってからわけわかんない」と言っているあなた!格闘技を始めてはいかが


とかなり賞賛気味だけれども、1つ不満なのは「戦いの輪廻」が一つの大きなテーマになっているところ。
あまりひきつけられない。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カーペンター

Author:カーペンター
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(6)
  • あいさつ(2)
  • 本(34)
  • 【ブラジル】(3)
  • 【ノンフィクション】(14)
  • 【フィクション】(8)
  • 新書(8)
  • 映画【アメリカ】(2)
  • ブラジルの歴史(47)
  • 思ったこと(30)
  • 映画【ブラジル】(2)
  • 専門書(2)
  • 漫画(7)
  • ニュース(6)
  • 映画【日本】(2)
  • 経済(20)
  • 経済学入門(19)
  • 日経指標(9)
  • 政治(7)
  • EU関連(1)
  • 外国人参政権(6)
  • 人間(1)
  • 労働問題(3)
  • 戦争・軍事(7)
  • 法律・裁判(3)
  • ちゃんと調べてないもの(4)
  • これって日本だけ!?(2)
  • 犯罪(1)
  • 在日外国人(5)
  • 日本人論(0)
  • 中東(22)
  • ゲーム(2)
  • 語源(40)
  • 医療(8)
  • たとえツッコミ(1)
  • やりたいこと(現実で)(0)
  • やりたいこと(ブログで)(0)
  • 詩(0)
  • マンガ あ行(1)
  • マンガ か行(2)
  • マンガ さ行(0)
  • マンガ た行(1)
  • マンガ な行(0)
  • マンガ は行(2)
  • マンガ ま行(1)
  • マンガ や行(0)
  • マンガ ら行(0)
  • マンガ わ行(0)
  • マンガ なんでも(3)
  • 文章技術(5)
  • メモ(1)
  • 音楽(2)
  • 近頃の若い者は!反論(1)
  • 作曲(10)
  • 社会学(1)
  • ブラジル経済(2)
  • ブラジル 社会問題(4)
  • FONÉTICAS de ポルトガル語(1)
  • ブラジル 政治(2)
  • 就活(1)
  • revista:mundo estranho(1)
  • ポルトガル語 科学(1)
  • ポルトガル語 その他(2)
  • ブラジル ビジネス(2)
  • トーク(2)
  • 旅行(4)
  • 宗教(1)
  • 映画(2)

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。