SUKOYAKA日記

メモ帳的存在。岡山在住。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある阿呆の一生・象が空を

この年末年始は本をあまり読めず、2冊のみだった。
1冊は、宮部みゆきや東野圭吾などの現代作家が多く並んでいる兄の本棚になぜか置いてあった、芥川龍之介の「ある阿呆の一生」。読書感想文のために買ったのだろうか。
ある阿呆の一生は芥川の遺稿とも言われていて、ある阿呆とは芥川のことだそう。今まで知らなかった。常識だったら恥ずかしい。
印象に残っているところは、芥川と大学の先輩との会話の一節。以下青空文庫からのコピペ

(先輩は阿呆に言う。)

「けふは半日自動車に乗つてゐた。」
「何か用があつたのですか?」
 彼の先輩は頬杖(ほほづゑ)をしたまま、極めて無造作に返事をした。
「何、唯乗つてゐたかつたから。」
 その言葉は彼の知らない世界へ、――神々に近い「我(が)」の世界へ彼自身を解放した。彼は何か痛みを感じた。が、同時に又歓(よろこ)びも感じた。



というか、ここしか覚えていない。自分のことをテーマに書いてあるので芥川がどういう人間か知らない人にはつまらないのだろう。
この部分が印象に残ったのは、彼は直感的作家ではなく、計算で作品を作るということだけは何かで知っていたから。
「痛み」っていうのは自分の否定だからかなと勝手に解釈した。




2冊目が沢木耕太郎の「象が空を」
結構厚めのエッセイ集だったので、まず目次から面白そうなものをピックアップすることにした。
気になったのが本の真ん中くらいにある「大人になるということ」

やっぱりまだ大人になりきれてないので、こういうテーマにひっかかってしまう。

内容は筆者の学生時代の話。
筆者は経済学部に在籍していたが卒論のテーマを決めかねていた。やっつけで「日本経済の現状を展望」などというテーマを書く気にもなれず、結局当時熱心に読んでいたカミュの人生について書くことに決めた。文学部でもないのに。筆者はカミュの人生から自分の人生の答えを探そうとしていた。
初めの構想ではカミュが・・・・

えーっと何だったけ笑


ま?とりあえず、ある構想があったらしいが、筆者は、カミュの年齢が当時の筆者の年齢になるところまで書きあげてそこで書き終えた。構想とは異なるが、自分の人生はここから自分で作っていくという風な(うろ覚え)ことを書いて終えた。
なぜならカミュの人生に自分の人生の答えが見つかるとは思えなくなったから。これからは自分で答えを見つけようと思ったから。

大人になるというのはそういうこと、だそう。

筆者は子供から本の虫だったそうだが、それ以来本に過剰の期待を抱くことはなくなったそうだ。

そしてそのエッセイは次のメッセージで終わる。



本の中には答えはない。




これは2・3か月前の本漬け状態だった自分が読んでいたら、結構つらいメッセージかと思う。

好きなアイドルの嫌いなタイプに自分がおもっクソ当てはまっていた時の気持ちだったろうと思う。(経験したことないが)

その時は本を読むことで自分のよりどころを探していたような気する。何をすればわからないからとりあえず本を読む。確かに答えは見つからなかった。

でも最近は、ぼんやり方向だけは決まったから、そんなことはなくなって、だんだん本の読む数が減っていった。そしてこのエッセイに出会った。

「本の中には答えはない」というのは僕の見つけ出した答えと同じ。

「本の中には答えはない」というのが本に載っているって嘘つきのパラドックスみたいだけど。




じゃあ僕も言わせてもらおう。



ブログの中には答えはない。

(そもそも誰も読んでないぜ・・・!)
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

blo-lin新規登録担当のmitoです☆

すごく考えさせられてしまうブログだなぁと感じました。
ためになるけど、知恵熱が出そうです。。。阿呆なので。

私も本が大好きです。

本はやる気を出させてくれます。
本は人生にスパイスをくれます。
本は人の人生に触れられます。

本の中に答えはないかもしれないけど・・・答えを導いてくれるような気がします。
  • posted by mito 
  • URL 
  • 2010.01/19 02:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カーペンター

Author:カーペンター
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(6)
  • あいさつ(2)
  • 本(34)
  • 【ブラジル】(3)
  • 【ノンフィクション】(14)
  • 【フィクション】(8)
  • 新書(8)
  • 映画【アメリカ】(2)
  • ブラジルの歴史(47)
  • 思ったこと(30)
  • 映画【ブラジル】(2)
  • 専門書(2)
  • 漫画(7)
  • ニュース(6)
  • 映画【日本】(2)
  • 経済(20)
  • 経済学入門(19)
  • 日経指標(9)
  • 政治(7)
  • EU関連(1)
  • 外国人参政権(6)
  • 人間(1)
  • 労働問題(3)
  • 戦争・軍事(7)
  • 法律・裁判(3)
  • ちゃんと調べてないもの(4)
  • これって日本だけ!?(2)
  • 犯罪(1)
  • 在日外国人(5)
  • 日本人論(0)
  • 中東(22)
  • ゲーム(2)
  • 語源(40)
  • 医療(8)
  • たとえツッコミ(1)
  • やりたいこと(現実で)(0)
  • やりたいこと(ブログで)(0)
  • 詩(0)
  • マンガ あ行(1)
  • マンガ か行(2)
  • マンガ さ行(0)
  • マンガ た行(1)
  • マンガ な行(0)
  • マンガ は行(2)
  • マンガ ま行(1)
  • マンガ や行(0)
  • マンガ ら行(0)
  • マンガ わ行(0)
  • マンガ なんでも(3)
  • 文章技術(5)
  • メモ(1)
  • 音楽(2)
  • 近頃の若い者は!反論(1)
  • 作曲(10)
  • 社会学(1)
  • ブラジル経済(2)
  • ブラジル 社会問題(4)
  • FONÉTICAS de ポルトガル語(1)
  • ブラジル 政治(2)
  • 就活(1)
  • revista:mundo estranho(1)
  • ポルトガル語 科学(1)
  • ポルトガル語 その他(2)
  • ブラジル ビジネス(2)
  • トーク(2)
  • 旅行(4)
  • 宗教(1)
  • 映画(2)

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。