SUKOYAKA日記

メモ帳的存在。岡山在住。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルト(?)に行ってきた

先日 カルトらしき所へ行って体験コースを受けた。
カルトと書いたが、宗教的要素は強くなく、自己啓発セミナーといった感じだった。(名前を出してもいいんだけれども、友人に検索されてこのサイトの運営が自分ということがバレるのが嫌なので伏せておく。この団体を私は知らなかったが、web上にはいろいろ情報はあるので、それなりに有名かもしれない。)


体験コースは大学の友人に勧められた。友人は今年の冬にその団体を知り、効果に感動し、その勢いでアメリカで講師のライセンスまで取ってきていた。
「自分自身を探求して、現実が変わるよ!楽しいよ!」
胡散臭いが、まあタダだし、暇だしいいかということで行くことにした。しかし今思えば友人がその団体の名前を挙げなかったことがそもそも怪しい。(ネットで出てきた情報は9割批判だった。)

駅近くの雑居ビルの中にその団体の支部はあった。そこで友人と会い、説明を受ける。創設者のスピーチをDVDで見た後にコースの仮体験があるらしい。名前・住所・電話番号を記入し用意されていた席に着く。15人程度が一部屋の中にいて、20代から40代の人達までさまざまだった。あとからわかったが半分は講師だった。受講生を集めるのに必死なのが伝わる。


各席に置いてある小冊子の表紙を見ると、信念の探求というタイトルで小難しそうなことがつらつらと書いてある。DVDが始まるまで読んでいてくださいと言われたが、めんどくさいので読まずにぼーっと周りの人を眺めていた。で、学生は私と友人ともう一人遅れてきた友人の友人だけのようだった。やっぱり社会人はいろいろ大変なんだなと感慨にふける。

少ししてからDVDが始まった。
30分程度だったか、要約すると
「もっと前向きになろうぜ!うちに来れば100%のポジティブシンキングができる!そして成功するのだ!」
みたいな話だった。
あ、あと「信じる」っていう言葉はもともと「聞いていて心地よい」という意味です。ですから人間は真実を信じるのではなく、自分に心地よく響くものを信じるのです。 っていうのはなるほどなって思った。こういうもっともらしい言葉っていうのは結構頻繁に出てくる。それがセミナー勧誘を奨励する他のでたらめな言葉達を補強している感じだった。

DVDが終わると、冊子の朗読が始まった。講師の人達が順番に読み上げていく。内容はどうでもよかったが、女性の声が良くて、これがコースの効果なのかとかふざけて思っていた。(脱線するが、一人20代くらいの人でカワイイ人がいた。さっき公式ホームページで経歴を見るご立派なものだった。学生時代に奨学金でロンドンにて平和学を学ぶ。発展途上国での真理教育学を学ぶという経緯でこのセミナーに興味をもったという。)
やたらと信念ということばが多用されていた、信念っていうのは思い込みって意味で使われていた。

冊子が終わり、実際に講師との対話型の体験に移った。他の人達は1対1だったが、友人がまだひよっこなのか講師2対受講生2という形で行った。
内容は 今抱えている問題の根本原因を探るというものだった。講師から繰り返される質問を答えていくうちに自分でも気付かなかった「信念」が見えてくると説明を受けた。

友人の友人はルームシェアしている人とうまくいかないという悩みがあると伝えた。

ここからがおもしろかった。
「?という信念はどこから来ていますか?」→「?という信念が正しいという証拠は何ですか?」
がエンドレスで繰り返される。このやりとりが面白かったんだけれど、細かく書くのが長いしめんどくさいので割愛。とにかく上の文章の繰り返し。

確かに面白いが、横でこんなの就活の自己分析でやるレベルじゃんと思いながら聞いていた。

これを繰り返していくうちに根本原因は友人の友人が、人に嫌われるのを嫌がるあまり、人との争いをさけ、問題解決しようとしないからっていうことが分かったそうだった。横で聞いてる身としては そりゃそうじゃんと思ったが友人の友人は「えー認めたくなーい」とか言っていた。
まあはたから見てるのとは違い、これで自分でも気づけない先入観がわかるし、効果的かもしれない思えた。

次に私の番で私は、恋人、好きな人ができませーんという悩みを伝えた。
上の質問を繰り返していくと、私は「恋愛を重く考えすぎで責任を感じすぎる」ということが判明した。
確かに自分は責任を感じるほうだなと思い、この講師との講習はそれなりよかった。

これで全過程が終了した。本コースはまだまだもっとおもしろいことがあるよと言われた。友人の友人は興味を持ったらしく、テキスト3500円くらいを購入し、次回の35000円の1泊の講習に行くことになった。
私はいろいろ理由つけて断った。理由としては、体験自体はよかったが、これがピークだなと思ったのとこの程度ならわざわざ高い値段を払う必要はないだろうと思ったから。その上今後のコースの内容がはっきりと説明されず、ただただ面白い・楽しい・ためになる!だけ。うさんくささメーターは上がっていった。

全体の感想としては それなりに効果はあるのではないかと思う。だから価値があると信じて、研修に参加するひとを私は特に非難しない。35000円程度なら。しかしこういうセミナーは最初は入りやすくてどんどん搾取される構造だということは明白なので 友人の友人が少し心配。騙されやすそうな子だったので。

終わりです。なんか気がついたら書き足します。


お値段 効果見込めないばあいは二部までなら 返金アリだそうです。
第一部(2日間)\34,500(消費税込)
第二部(4日間?5日間)\100,000(消費税込) 
第三部(2日間?4日間)\200,000(消費税込)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カーペンター

Author:カーペンター
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(6)
  • あいさつ(2)
  • 本(34)
  • 【ブラジル】(3)
  • 【ノンフィクション】(14)
  • 【フィクション】(8)
  • 新書(8)
  • 映画【アメリカ】(2)
  • ブラジルの歴史(47)
  • 思ったこと(30)
  • 映画【ブラジル】(2)
  • 専門書(2)
  • 漫画(7)
  • ニュース(6)
  • 映画【日本】(2)
  • 経済(20)
  • 経済学入門(19)
  • 日経指標(9)
  • 政治(7)
  • EU関連(1)
  • 外国人参政権(6)
  • 人間(1)
  • 労働問題(3)
  • 戦争・軍事(7)
  • 法律・裁判(3)
  • ちゃんと調べてないもの(4)
  • これって日本だけ!?(2)
  • 犯罪(1)
  • 在日外国人(5)
  • 日本人論(0)
  • 中東(22)
  • ゲーム(2)
  • 語源(40)
  • 医療(8)
  • たとえツッコミ(1)
  • やりたいこと(現実で)(0)
  • やりたいこと(ブログで)(0)
  • 詩(0)
  • マンガ あ行(1)
  • マンガ か行(2)
  • マンガ さ行(0)
  • マンガ た行(1)
  • マンガ な行(0)
  • マンガ は行(2)
  • マンガ ま行(1)
  • マンガ や行(0)
  • マンガ ら行(0)
  • マンガ わ行(0)
  • マンガ なんでも(3)
  • 文章技術(5)
  • メモ(1)
  • 音楽(2)
  • 近頃の若い者は!反論(1)
  • 作曲(10)
  • 社会学(1)
  • ブラジル経済(2)
  • ブラジル 社会問題(4)
  • FONÉTICAS de ポルトガル語(1)
  • ブラジル 政治(2)
  • 就活(1)
  • revista:mundo estranho(1)
  • ポルトガル語 科学(1)
  • ポルトガル語 その他(2)
  • ブラジル ビジネス(2)
  • トーク(2)
  • 旅行(4)
  • 宗教(1)
  • 映画(2)

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。