SUKOYAKA日記

メモ帳的存在。岡山在住。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍 沢木耕太郎

凍。登山というこれまで沢木耕太郎の著作とは直接関連しないジャンル。しかし読んでいくと沢木耕太郎らしさが詰まっており、ファンにはたまらない作品に仕上がっている。
この「凍」はノンフィクション作品であり、登山家山野井泰史・妙子夫妻のギャチュン・カン登頂について書かれている。

「凍」を読んだ時、同じ著者の他の作品の一節を思い出した。その文を引用する。

「人のためにもならず、学問の進歩に役立つわけでもなく、真実をきわめることもなく、記録を作るためのものでもなく、血湧き肉躍る冒険大活劇でもなく、まるで何の意味もなく、誰にでも可能で、しかし、およそ酔狂な奴でなくてはしそうにないことを、やりたかったのだ。」

これは彼の著書「深夜特急」からの一節である。記録を作るため、冒険大活劇、という二つの点を除けば、雪山の登頂も同じく「酔狂なやつではなくしそうにないこと」に間違いない。山に登って何かあるわけではない。山に登るためだけに山を登るのである。これが沢木をひきつけた理由の一つだろう。

他にも彼に筆をとらせる理由となっただろう事がある。それはギャチュン・カンという山が、一つの基準である8000メートルにわずかに及ば無いことだ。その高さは7952メートル。十分高いのだが、8000メートルに足りないためにあまり登られてこなかった。それに山野井は挑戦する。「敗れざる者たち」「人の砂漠」「無名」など彼はスポットライトの当たらない対象を多く書いてきた。おそらく今回もこの日陰感に彼は惹かれたのではないか・・・。



感想だが、やっぱりノンフィクション好きだ!と改めて思った。予定調和ではないスリル。どんなフィクションの大作映画よりも興奮する。また「凍」で感じたのは自分たちの世界では日常と非日常の間に壁はないということだ。これはちょっと説明を要するかもしれない。例えばフィクションの冒険ものだったりすると、その作品の中で人が死ぬことは当たり前で、当然のごとく銃撃戦なんかがある。もちろん登場人物の細かい日常などは語られない。しかし「凍」では同じ空間に普通の暮らしと死がある。初めの数章は、山に登る前の描写なので初めはだれてしまうかもしれないが、その日常が山頂でのスリルを引き立てる。
うまく説明できません。文才をおくれ。

それともうひとつ面白かったのは山野井の冷静さだ。登山家全般かもしれないが、十分に覚悟をしているのだろう、危険な状態になっても決して焦らず、最善の行動をとる。指が凍傷で切断の可能性があろうとも、妻があと一歩で千メートル下に落ちようとも、冷静さを保ちその都度ベストな選択をする。登山という酔狂なことを突き詰めていった末で、何事にも動じない精神状態を得ているのが面白い。
山頂前で後ろにいる妻のバックが入っているという状態で、選択に迫られる。このままカメラなしで登頂まで行くか。妻のところまで戻ってカメラを取って戻ってくるか。しかし山野井の足の指は凍傷で、2つ目の選択肢を取ることはできない。そうしてカメラなしで山頂まで行く決断をする。もちろん記録はできないので、本当に自分との戦いになる。純粋なる闘い。この本のタイトル「凍」には同じ読みの「闘」の意味もあると作者は明かしている。自分との、また山との闘い。そして山野井はその勝負に勝利する・・・・。

山から無事生還し、山野井は凍傷で足と手のいくらかの指を失う。そうして思う。「山はもういいかな・・・」

しかし日が経つにつれまた、情熱が戻ってくる。そして頑張っちゃう。なぜかって?「そこに山があるからさ」

(最後二行はやっつけのやっつけです。)



最後に「なぜ山に登るか?」について考えたい。

「そこに山があるから」という名台詞があるが、本当にそうか。。登山家という人種は、と私は思う。もし山が無ければどこかのビルの壁でも登るだろう。それも、危険で増せば増すほど、彼らにとって好条件に違いない。
自分を極限状態に置き、それを楽しんでいる。人間は恐怖を感じるときに快楽物質も分泌されると言われている。ジェットコースターやお化け屋敷が盛況である理由だ。登山家達はその物質の依存状態に陥っていると言えよう。

GO to the hospital!!

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カーペンター

Author:カーペンター
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(6)
  • あいさつ(2)
  • 本(34)
  • 【ブラジル】(3)
  • 【ノンフィクション】(14)
  • 【フィクション】(8)
  • 新書(8)
  • 映画【アメリカ】(2)
  • ブラジルの歴史(47)
  • 思ったこと(30)
  • 映画【ブラジル】(2)
  • 専門書(2)
  • 漫画(7)
  • ニュース(6)
  • 映画【日本】(2)
  • 経済(20)
  • 経済学入門(19)
  • 日経指標(9)
  • 政治(7)
  • EU関連(1)
  • 外国人参政権(6)
  • 人間(1)
  • 労働問題(3)
  • 戦争・軍事(7)
  • 法律・裁判(3)
  • ちゃんと調べてないもの(4)
  • これって日本だけ!?(2)
  • 犯罪(1)
  • 在日外国人(5)
  • 日本人論(0)
  • 中東(22)
  • ゲーム(2)
  • 語源(40)
  • 医療(8)
  • たとえツッコミ(1)
  • やりたいこと(現実で)(0)
  • やりたいこと(ブログで)(0)
  • 詩(0)
  • マンガ あ行(1)
  • マンガ か行(2)
  • マンガ さ行(0)
  • マンガ た行(1)
  • マンガ な行(0)
  • マンガ は行(2)
  • マンガ ま行(1)
  • マンガ や行(0)
  • マンガ ら行(0)
  • マンガ わ行(0)
  • マンガ なんでも(3)
  • 文章技術(5)
  • メモ(1)
  • 音楽(2)
  • 近頃の若い者は!反論(1)
  • 作曲(10)
  • 社会学(1)
  • ブラジル経済(2)
  • ブラジル 社会問題(4)
  • FONÉTICAS de ポルトガル語(1)
  • ブラジル 政治(2)
  • 就活(1)
  • revista:mundo estranho(1)
  • ポルトガル語 科学(1)
  • ポルトガル語 その他(2)
  • ブラジル ビジネス(2)
  • トーク(2)
  • 旅行(4)
  • 宗教(1)
  • 映画(2)

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。