SUKOYAKA日記

メモ帳的存在。岡山在住。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4,2 政治過程

1930年から1934年の政治過程を理解するには2点、?テネンティズモをめぐる問題?中央勢力と地方勢力の抗争が重要である。

テネンテ達は1930年の革命勝利より、政治に参加し明確な提案をした。ブラジル各地に対しての平等な対応、数字の経済政策、基幹産業(特に製鉄業)の育成、鉱山、交通・通信手段、内航海運の民俗化(ナショナリザール)。しかしこれらの改革を実行するには安定的な連邦政府が必要だったのでテネンテ達は自由主義と決別し、独裁の長期化と階級代表制を盛り込んだ憲法を主張した。
しかしテネンテは大規模な改革を行う力もなく、意志もなかったので地方支配層と妥協した。
サンパウロではジェトゥリオ・ヴァルガスは民主党の要求を拒否し、エリートを冷遇し、執政官にはテネンテのジョアン・アルベルトが任命されたが、同州と政治内部の圧力によりすぐ辞任した。テネンテ達はサンパウロで実験を握ろうと有力でないコーヒー農園主や労働組合と協力しようとした。
サンパウロの圧倒多数の住民は思想面で地域エリートに追随し、テネンテに対抗し、自由主義的な民主主義を主張し、執政官に文民を要求した。こうした動きの中サンパウロの共和党と民主党は接近し、臨時政府に対抗した。同月他州からの不満もあり、「選挙法」が公布された。この法は投票の義務化、秘密投票、女性参政権、など改革てきなものだった。また下院選挙は比例代表制をとり、少数派の議席も保証した。また選挙裁判所も作られた。

1932年リオグランデスル統一戦線(同州の諸政党の同盟)が連邦政府と離別した。これを機にサンパウロ州では革命が起きた。成功すると思えたが、サンパウロ州内に封じ込められ、結局失敗に終わった。リグランデドスル州やミナスジェライス州は2年前樹立を助けた新政府に武力で対立することは避け、サンパウロは孤立し、奮い立った州民や州軍の動員以外頼ることはできなかった。戦闘は3か月近く続いたが、サンパウロの降伏で終わった。この「サンパウロの戦争」立憲体制への復帰を掲げたが、オリガルキーによる権力の支配を期待する保守勢力と、ブラジルに自由主義的な民主主義を樹立しようと望む革新勢力を共闘させた。

1933年にはテネンティズモは解体の一途をたどった。国家を自らの党に変える力はなく、社会基盤の獲得にも失敗し、陸軍内部でも力を失っていった。そしてテネンテ出身の北東部執政官の多くは解雇された。

臨時政府は立憲体制へに復帰を決意し、1933年憲法制定議会議員選挙を実施した。選挙結果は地方エリートの力の強さを示した。リオグランデドスルの当選者の大半は地元有力者フローレンス・ダ・クーニャの取巻きだった。他州でも同様のことが起こり、またテネンテ達は惨敗した。
そして憲法制定議会議会が公布した新憲法は、ドイツワイマール憲法を参考にし、1891年憲法に似て、連邦共和制が採用された。
新憲法には新たに「経済・社会」、「家族・教育・文化」、「国家安全保障」章が加えられ,まあいい感じになった。(※詳しく書くには面倒なので、気になるならLet’s google!)
ジェトゥリオは1934年間接選挙で大統領に再選した。任期は1938年までで、以後大統領は直接選挙で選ばれることになっていた。
●民主主義が樹立するなんて思ったワタシがバカだったの・・?
こうしてブラジルに民主主義体制が樹立去るるように思えた。しかし政府内部の勢力、陸軍内の諸グループ優柔不断な自由主義者と、左翼が参加した「新国家」のクーデターにより期待は裏切られた。

世界恐慌で資本主義と結びつく自由主義の権威は失墜し、、全体主義、権威主義的思想がヨーロッパを席巻し始めた。
ブラジルでは1930年代からファシズム的な重要な運動が始まった。インテグラリスタ党は金融資本主義を攻撃し、経済の国家管理を目指した。また統合原理に基づく精神的な国民意識を力説し、「神、祖国、家族」を標語とした。また複数政党制、代議制を否定し、国家元首が様々な階級と、文化団体を統括するものとした。インテグラリスタ党は自由主義、社会主義、ユダヤが握っているとする国際金融資本を敵視した。また儀式や象徴を巧みに利用し、緑シャツや袖の肩口につけたΣを誇示して行進した。また共産党とも対立した。これはファシズムとソ連の共産主義の対立が強く影響していた。

これに対し権威主義勢力も大きくなっていた。権威主義勢力は分断されたブラジルのような国家を安定させるには保守的国家が必要だと主張した。

インテグラりズモは不満を抱く大衆の支持を政党が独占し、国家権力を掌握しようとした。権威主義派は政党には頼らず、少数の聡明な人間による国家補強を謳い、軍の上層部は権威主義者で占められた。
1930年から45年は国軍、とりわけ陸軍の勢力が増強された。そして各州の軍は力を失った。軍内部での対立はあったが、幹部交代や、亡命などにより、ジェトゥリオに忠誠を誓う軍人グループが確立した。

1934年はストライキが、とりわけサービス部門(運輸、通信、銀行)で多発した。また反ファシズム勢力とインテグラリスタ党との激しい衝突もあった。
これに対し政府は1935年初め国家安全保障法を制定した。この法は議会で自由主義者の賛成を得、成立した。この法は、公務員のストライキ、軍部内での不和の挑発、社会階級間の憎悪の煽動、反乱の宣伝、法で許されている以外の方法を用いた、秩序の転覆を目的とする結社や政党の結成は厳しく取り締まられた。
これに並行しブラジル共産党とテネンテ左派は「民族解放同盟」を結成した。綱領は対外債務の最終的な支払い停止、外国企業の民族化、農地改革、人権の保障、参加できる人民政府の樹立の五項目を掲げた。この勢力は大きくなったが、それを機に、弾圧を受けていた政府は民族解放同盟を閉鎖することにした。多くの会員が逮捕され、ブラジル共産党は蜂起を決意し、1935年11月軍事クーデターを試みたが、4日で制圧された。
このクーデターを機にブラジルの弾圧は拡大していき、権威主義派の増長を招くことになった。

●ジェトゥリオ任期満了、1938年選挙だったけど・・
大統領選の新たな候補者3人が出そろった。しかしジェトゥリオやその側近は権力を手放す気はなかった。しかも他の大統領候補者は信頼できなかった。
クーデターを起こそうとしていたところ、「コーエン計画」事件が起きた。これはインテグラリスタ党員が反乱計画文をタイプしていたところを逮捕されたという事件である。(※内容に対してはいろいろ議論はされている。ジェが仕組んだとか。気になったら調べて。)とりあえずこれで、「戦争事態令」が延長されリオグランデスル州軍の国軍編入が決定した。10月末下院議員ネグラン・デ・リマが北部・北東部各地を回りほとんどの州知事の支持を取り付けた。そしてクーデターは11月10日に決起された。


なげーよ。んでヴァルガスクーデター起こしちゃうのかよ。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

カーペンター

Author:カーペンター
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(6)
  • あいさつ(2)
  • 本(34)
  • 【ブラジル】(3)
  • 【ノンフィクション】(14)
  • 【フィクション】(8)
  • 新書(8)
  • 映画【アメリカ】(2)
  • ブラジルの歴史(47)
  • 思ったこと(30)
  • 映画【ブラジル】(2)
  • 専門書(2)
  • 漫画(7)
  • ニュース(6)
  • 映画【日本】(2)
  • 経済(20)
  • 経済学入門(19)
  • 日経指標(9)
  • 政治(7)
  • EU関連(1)
  • 外国人参政権(6)
  • 人間(1)
  • 労働問題(3)
  • 戦争・軍事(7)
  • 法律・裁判(3)
  • ちゃんと調べてないもの(4)
  • これって日本だけ!?(2)
  • 犯罪(1)
  • 在日外国人(5)
  • 日本人論(0)
  • 中東(22)
  • ゲーム(2)
  • 語源(40)
  • 医療(8)
  • たとえツッコミ(1)
  • やりたいこと(現実で)(0)
  • やりたいこと(ブログで)(0)
  • 詩(0)
  • マンガ あ行(1)
  • マンガ か行(2)
  • マンガ さ行(0)
  • マンガ た行(1)
  • マンガ な行(0)
  • マンガ は行(2)
  • マンガ ま行(1)
  • マンガ や行(0)
  • マンガ ら行(0)
  • マンガ わ行(0)
  • マンガ なんでも(3)
  • 文章技術(5)
  • メモ(1)
  • 音楽(2)
  • 近頃の若い者は!反論(1)
  • 作曲(10)
  • 社会学(1)
  • ブラジル経済(2)
  • ブラジル 社会問題(4)
  • FONÉTICAS de ポルトガル語(1)
  • ブラジル 政治(2)
  • 就活(1)
  • revista:mundo estranho(1)
  • ポルトガル語 科学(1)
  • ポルトガル語 その他(2)
  • ブラジル ビジネス(2)
  • トーク(2)
  • 旅行(4)
  • 宗教(1)
  • 映画(2)

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。